さようならキスマイ

キスマイのカレンダーを捨てました。

ライブDVDなんかは、横尾さんの件が出た辺りで捨てていたから

ちょっと惜しかったかなと思ったこともあったけど、

この数日。竹内涼真くんのドラマはもちろんだけど、あさイチや、うちのガヤ〜みたいなバラエティーを観ていて、

玉ちゃんを初めて好きになれた5年前を思い出すことかできました。

玉ちゃんにはほんとに感謝しています。

橘慶太を忘れさせてくれました。

ほんとに感謝しています。

どちらかと言えば、バラエティーや、ドラマでほんとにときめかせてくれました。

信長の〜のケンは、ずっと忘れない代表作です。

キスブサでカッコいいところも、いろいろ一生懸命なところも、時には番組のいろいろ考えてか、BUSAIKUになるところも大好きでした。

だけど、やはり、ライブでの塩対応とか、

俺は内面に秘めているタイプだから、わかってくれるファンに感謝したい

みたいなことが雑誌に書かれていてなんとなく気持ちがズレていくのを感じてきました。

そして横尾さんの件。

何も信じられなくなりました。

アリーナになったのは、言わば全くファンに責任はないのに、

チケット当落確定前にかなり傷つけられたこと。

あっていいことではありませんでした。

どうしても許せない出来事でした。

一時は玉ちゃんのことも他のメンバーのことも誰一人信じられなくなりました。

正直、人気が出てわきが甘くなっていた感は否めないと思います。

極めつけは

ダッセーとオキニでした。

そして、ピキラのメイキングDVDも全く観ていないこと、あったことにすら気づいていなかったことでした。

また、リバースを観返したとき、浅見先生に全く心が動かなかったことでした。

それは、玉ちゃんの演技がとかではなく、わたしの気持ちだと思いました。

そして、横尾さんがマグロ解体師の試験に合格した、それを知ってガヤさんが絶賛していた今日、わたしはファンを辞める決意をしました。

あ、もうこれはなんか違う。と思ったから。

これまで、わたしにいろいろ教えてくださった玉坦さん、本当にありがとうございました。

楽しかったです。

嬉しかったです。

すべてが宝物の5年間でした。

ありがとうございました。

ありがとうキスマイ。