喜んでいる人を見ることが自分の幸せ

いつも読んでいただきありがとうございます。

初めましての方はこちらもどうぞ

プロフィール湘南おひさまるーむって?

以前私が何かに挑戦するとき、そのうちの半分くらいは親を喜ばせたいという気持ちが入っていました。

例えば私は介護支援専門員ケアマネジャーマネージャーじゃないんだよねの資格を持っているのですが、これで仕事をしたことがないんです。ただ持ってるだけ。

なのに律儀にお金も払って更新研修まで受けたりしていました。

理由は、親に介護の必要が出たときに役に立つと思うから笑

いやいや、資格を持たずに介護されてる方が大多数でしょ

親に喜んでもらいたい。

私は役に立つと思ってほしい。

そんな想いがありました。

今回初めて純度100パーセントで自分がやりたいから自分のためにやるという動機で、カウンセラーとmama育トレーナーの資格をとることにしました。

すると、いちいち親に言わないんですよね。

今こんなことやってるよとか。

逆に言えば今まではいちいち報告していた笑

がんばってるねー!すごいねー!って言ってほしかったんです私。

さすがお姉ちゃん!って、お姉ちゃんと呼ばれてお姉ちゃんの役割を押し付けられるのはまっぴらだ!と憤慨してたくせに、自らそのお姉ちゃんの役割を買って出てたんですよ。ずーっと。

お姉ちゃんでいると、私にも確かにメリットがあったのです。

メリット私には価値があるという感覚

信頼する私のカウンセラーに去年、このテーマの整理を手伝ってもらって、1年かかってやっと心のあるべきところに収まった実感があります。

最近、湘南おひさまるーむの話をあちこちでするんです。

こういうの作りたい!昔の私が欲しかった場所を作るの!って。するとみなさん、それいいねっておっしゃってくれて、必要だよね。って賛成してくれるんです。

喜ばせたい役に立ちたい

って親に感じてたあの気持ち。

やはり根底にあるんです。

全然悪くないじゃん。

むしろ素晴らしいじゃん。と感じました。

人に喜んでもらいたいという気持ちは、とてつもないパワーを生み出す。人が喜ぶ。それを見て私もうれしい。

喜ばない人もいる。世の中は広い。それも当たり前。

人を喜ばせなければ私は価値がないとならなければ、喜ばせたい、役に立ちたいという気持ちは持っていていいんです。

あなたもハッピー、私もハッピー。

それでいいじゃないですか。

そんなことに気がついてから、私は自分という人間を動かしていくのがますます楽になりました。

そして、好きになりました。

誰も変えてない。

誰にも働きかけてない。

ただ、自分の視点を少し変えただけでした。

今日もお読みいただきありがとうございます。

湘南おひさまるーむは育児に孤独感を感じたり、自分の存在価値を見失ってしまったママが、もう一度笑顔を取り戻すための場所です。

mama育講座の時間で、育児の知識を得ながら私たち親も幼少期を振り返ってみましょう。子供と一緒に親も自己肯定感を高めることでイライラ育児が変わっていきます。mama育は2017年秋、湘南初開催です。

遠方の方にはskypeでの受講も可能です。

自分の気持ちさえ見失ってしまったら、じっくりお話を聞いてバラバラな感情を整理するのを手伝います。そして笑顔があふれる本来のあなたを見つけましょう。

お気持ち整理カウンセリング